ジブリの世界観を

ここでは、ジブリの世界観を に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供からオトナまで広い人気のあるスタジオジブリ
最近は崖の上のポニュなども物凄い人気になってまだまだ強い印象があります

2007年10月1日まで「ジブリの絵職人 男鹿和雄展」そして2008年9月28日まで東京都現代美術館で開催されていた 「スタジオジブリ・レイアウト展」などがあったそうですが
それらがセブンアンドワイさんでスタジオジブリ・男鹿和雄展 図録スタジオジブリ・レイアウト展 図録として出ているそうです。

私が最初に知ったのがやはり隣のトトロかなあ
あの作品は昔の日本の原風景をキレイに尚且つ自然に今に残している作品じゃないかなー
例えばネコバスを待つときのボンネットバスとか最初に登場する車
お風呂を沸かす場面やお風呂自体も昔の日本では普通に使っていたそうです。

古きよき時代を押し付けるのではなく自然に表現をしている美しさが凄いですよねー
アートの域に行っているこの作品 図録は注目かなー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://afirimall.blog116.fc2.com/tb.php/509-3b124784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。