永代供養墓における先祖を思う気持ち

ここでは、永代供養墓における先祖を思う気持ち に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普段の生活で年を取るほど考える物にお墓があります。
田舎の方の人は特にそうだと思いますが先祖を思う気持ちと言うのはいつの時代でもあります。
そこで最近減ってきた永代供養墓という、先祖代々引き継ぐお墓というのが田舎の方では多いと思います。
これは先祖を敬って 後の世代の子孫も一緒に考える
長い時代を超えて供養をするってのは家を考える良いきっかけになるのかなーとも思います。
時代的にこの考えは段々減ってきて お墓を立てる人も減ってきているそうです。
しかし、古きよき日本の伝統は新しい物にはない良い風習もあります。
先祖代々故人をしのぶ時間が1年にちょっとでもあるのはいいかなーと家族を亡くした私には特に思ったりします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://afirimall.blog116.fc2.com/tb.php/366-0b2de7a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。